【屋根のリフォーム/屋根の修理なら】千葉県で屋根のリフォームなら【マイスターホーム 市川市/鎌ヶ谷市/船橋市/浦安市/習志野市】

無料見積もりお受けいたします。お気軽にお問合せ下さい。

【サイト内 検索】

サイト内の情報がかなりございます。

情報検索にご利用下さい。

マイスターホームリフォームメニュー

マイスターホーム株式会社所在地

<鎌ヶ谷店> 

千葉県鎌ヶ谷市中沢 1223-9

<本八幡(市川市)店>

千葉県市川市南八幡 4-3-3

 

<鎌ヶ谷店・本八幡(市川市)店>

0120-45-8897

 

リフォーム 営業エリアのご案内

【千葉県のリフォーム 営業地域】

船橋市 市川市 鎌ヶ谷市 松戸市
流山市 柏市 浦安市 千葉市 
習志野市八千代市 白井市 印西市  

 

【東京都のリフォーム 営業地域】

東京都 千代田区 中央区 港区 新宿区文京区 台東区墨田区 江東区 品川区葛飾区 江戸川区 目黒区 大田区
世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 
豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 
足立区

 

【埼玉県のリフォーム 営業地域】

埼玉県 さいたま市 大宮区 西区 北区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区
緑区 岩槻区 川口市 三郷市 八潮市
草加市 蕨市 鳩ヶ谷市 越谷市 戸田市

 

【茨城県のリフォーム 営業地域】

茨城県守谷市、つくばみらい市 

 

※上記営業エリア以外にお住まい方は一度弊社までご連絡下さい。

 

上記地域で雨樋修理 お風呂 リフォーム 結露対策 屋根工事その他各種リフォームでお困りの方はお気軽にお問合せ下さい。

無料見積もりお受けいたします。お気軽にお問合せ下さい。

屋根のリフォーム

TOPページ> 屋根 リフォーム(軽量化) > 屋根 リフォーム(軽量化)施工方法

屋根のリフォームについて

屋根リフォーム カバー工法

『カバー工法』とは、既存の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる施工方法です。

古い屋根材にはアスベストが含まれているものがあり、解体作業も容易には出来ません。当然高いコストが掛ります。
そのてん、『カバー工法』では解体作業が無い為工期短縮、コスト削減が出来る為、経済的です。
「古い屋根材を剥さないと屋根が重くなるのでは?」と思われるかもしれませんが、『カバー工法』で使用する屋根材は軽量で耐候性、耐食性に優れた ガルバリウム鋼板を使用しているため、建物に負担をかけません。

屋根材について(ディプロマットについて)

特長

理想の屋根材とは、長期的に美観・性能を維持できる屋根材ではないでしょうか? 多くの屋根材が新築時の美観・性能を月日を経るごとに劣化させていくなか、ディプロマットはその理想を忠実に守り続けていくことができる確かな屋根材です。 アメリカのカリフォルニア州にて生産されているディプロマットはガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材とし、表面を自然石粒で施し高耐久型の屋根材です。 欧米ではstone coated steel roofing(自然石粒化粧鋼板)としての屋根材のジャンルとしてすでに40年以上の実績を誇り、その抜群の耐久性は欧米各国はもとより極寒の北欧・熱帯の東南・南アジア ・アフリカ・南米・オセアニアなど世界72ヶ国で幅広く採用されています。

 

長期的に個性的に美しい

ディプロマットの表層の自然石粒は、化学薬品を使用しないで日本の陶器瓦と同じ着色工程で有機塗装処理を施しているため、色褪せの心配はほとんどありませ ん。 さらに、接着層に防苔剤を添加しているため、コケやカビの心配もほとんどありません。 また、自然石粒が太陽光を乱反射させ、重厚で個性的な表情を演出 し、見る時間や角度により刻々とその表情を変化させていきますので、和・洋問わず様々な建物にマッチします。

 

長期的に断熱・遮音性に優れています

ディプロマットの表層の自然石粒の効果により、基材鋼板層への熱伝導値が低くなります。 また、屋根下地と屋根材との接地面が10%以下のため十分な空気層 を確保でき、屋根面での熱を屋内へ伝え難い構造になっています。 さらに表層の自然石粒の凹凸によって、雨粒の拡散と衝突時の振動を押さえることが出来、鉄 板系屋根材の”パタパタと雨音がうるさい”という心配も解消されています。

 

長期的にメンテナンスフリー

ディプロマットは屋根材の勘合構造が横ハゼ工法(下段の本体上部に上段の屋根材を掛け上げ締結釘が表面に露出しない工法)のため、耐風・防水性能に優れて おり風速49m/秒の強風にも耐えられる性能を持っておりますので、台風などの強風にも安心です。 また、長期的に考えてみましても、塗り替えや葺き替えな どのリフォームのコストがかかりませんので、他の屋根材と比較しても、非常に経済的な屋根材です。

 

軽量

ディプロマットの基材は高耐候・高耐触の性能をもつジンカリウム鋼板(アルミニウム55%・溶解亜鉛43.3%・シリコン1.6%の合金皮膜鋼板)を使用 しています。 これにより1㎡あたりの重量は7kgになります。これは日本瓦の1/7、一般のスレート屋根材と比較しても1/3と非常に軽量です。 構造体の 頂部にある屋根の荷重を軽くすることによって、建物への負担を軽減し、建物を長持ちさせます。

 

防火性に優れた屋根材

カリフォルニアの大火災で石粒つき屋根材は、その性能を信じたホームオーナーたちの財産を守りました。その高い性能は1994年と2003年の2度のカリフォルニアの大火災において証明されています。 アルメットルーフィング  ディプロマット 不燃認定番号 国土交通省認定 NM-9450 風に強い屋根材 日本には毎年20個以上の台風がやってきます。 ディプロマットは上段と下段の本体を重ねて勘合する工法のため本体の上下ががっちり固定されます。 このため 正方向(軒先方向)先方向からの風への抵抗が他の屋根材(瓦・平版ストレート版)に比べ耐風性能が優れています。(風速49m/秒)の風にも耐えられる性 能です。

 

雪が落ちにくい屋根材

ディプロマットの表面の自然石粒層の効果により屋根全体が雪をグリップさせるため、屋根下の物や雨樋を破壊するような大きな滑雪の心配はありません。

 

抜群の耐久性を実現する安心の8層構造

●アクリル表面皮膜 透明アクリル樹脂100%で自然石粒をしっかりと定着させます。

●自然石粒 自然石粒を薬品を使用しないで調色しているため、永年色落ちはしません。

●アクリル樹脂ベースコート 防苔剤を含んだアクリル樹脂皮膜。コケやカビの発生を防ぎます。

●耐蝕化学皮膜 防錆剤入りエボキシ塗料。ジンカリウム鋼板をさらに防錆剤で保護しています。

●アルミ亜鉛メッキ層 アルミ亜鉛メッキされた鋼板は高耐蝕性、熱反射性、耐熱性をあわせ持った“ジンカリウム鋼板”となります。

●保護皮膜塗装 湿気を防ぎ防錆性を高めます。

 

屋根のリフォーム 商品・料金について

弊社の屋根のリフォーム料金のご案内

あっぱれ天晴ルーフ (アイジー工業株式会社) 

◎切妻屋根   
材工 330,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 346,500円)
◎寄棟屋根   
材工 380,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 399,000円) 

● 条件

オプション

  • ・総二階(60㎡)
  • 既存の屋根材が平型スレート材
  • 既存の屋根材が瓦の場合 瓦撤去、下地工事は別途お見積り
  • ・足場代別途
  • ・駐車場代別途
  • 雨樋取替え工事
  • 雪止め金具取り付け工事
  • 屋根断熱工事
  • 換気棟取り付け工事

 

詳細説明に関しましてはメーカーホームページをご覧下さい。

リフォームへの無料相談・無料見積はこちら

 

ガルバ断熱ルーフガルテクト (アイジー工業株式会社)

◎切妻屋根
材工 380,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 399,000円)
◎寄棟屋根   
材工 435,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 456,750円) 

● 条件

オプション

  • ・総二階(60㎡)
  • 既存の屋根材が平型スレート材
  • 既存の屋根材が瓦の場合 瓦撤去、下地工事は別途お見積り
  • ・足場代別途
  • ・駐車場代別途
  • 雨樋取替え工事
  • 雪止め金具取り付け工事
  • 屋根断熱工事
  • 換気棟取り付け工事

 

詳細説明に関しましてはメーカーホームページをご覧下さい。

リフォームへの無料相談・無料見積はこちら

 

ストーンウェイブ Ⅲ型 (株式会社 佐渡島)

◎切妻屋根   
材工 475,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 498,750円)
◎寄棟屋根   
材工 570,000円
材料費、工事費、諸経費の総額です
(税込 598,500円) 

● 条件

オプション

  • ・総二階(60㎡)
  • 既存の屋根材が平型スレート材
  • 既存の屋根材が瓦の場合 瓦撤去、下地工事は別途お見積り
  • ・足場代別途
  • ・駐車場代別途
  • 雨樋取替え工事
  • 雪止め金具取り付け工事
  • 屋根断熱工事
  • 換気棟取り付け工事

 

詳細説明に関しましてはメーカーホームページをご覧下さい。

リフォームへの無料相談・無料見積はこちら

 

ページTOPに戻る

屋根のリフォーム施工方法

マイスターホーム屋根の軽量化施工方法

屋根のリフォームストレート瓦からコロニアルへの軽量化

    屋根の軽量化
    屋根の軽量化
    屋根の軽量化
  • ①瓦下ろし作業
  •  ↓  ↓  ↓
  • ②下地調整
  •  ↓  ↓  ↓
  • ③12mmベニア張り
  •  ↓  ↓  ↓
  • ④防水紙敷き
  •  ↓  ↓  ↓
  • ⑤コロニアル工事
  •  ↓  ↓  ↓
  • ⑥棟の取り付け

 

着色石綿屋根に金属瓦を敷くカバー工法)

石綿ストレート(アスベスト含む)を除去する場合

「石綿障害予防規則」により、建物全体を被い粉塵が飛び散らない

ようにする等の処置を必要としますが、カバー工法なら必要ありません。

弊社では、カバー工法を行い屋根の軽量化を行っております。

ページTOPに戻る

 

屋根のリフォーム 情報

弊社が実際に施工致しました。屋根のリフォームをご紹介致します。

最新情報

屋根をカバー工法で工事

千葉県某所s様邸の屋根工事を行いました

コロニアルの上に金属屋根を葺くカバー工法を採用しました

DSCF0160.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像          

 

棟を撤去、勾配が少ないので中の木が水を吸い上げていました

DSCF0168.JPGのサムネール画像

 

下地作り。切れにくいゴム製高級アスファルトルーフィングを使用

棟の垂木もしっかり巻きます

DSCF0173.jpgのサムネール画像のサムネール画像

DSCF0182.JPGのサムネール画像

 

本体の取り付け

横段張.jpgのサムネール画像

 

完成

DSCF0206.JPG

 

今回使用した屋根材は㈱チュウオーの横段ルーフ プレミアム

裏張、ウレタンフォーム+フッ素樹脂塗装+遮熱鋼板+板厚鋼板

塗膜変褪色20年保証の優れものです

 


「屋根のリフォーム情報」

 

過去の 屋根のリフォーム 情報

ページTOPに戻る